茨城県土浦市の婦人科、産科 石川クリニック

院長挨拶

当院は外来のみですが、電話連絡も基本的には24時間(留守電になる場合あり)つながるようになっていますので、かかりつけの方であれば夜間や休日の対応も可能です。

またこれまで産婦人科医として仕事をしてきて、日々感じていたことがあります。
病気というものはなんでもそうですが、周りから見れば大したことがなくとも、必要以上にご本人が悩んでいる場合があります。しかし、患者さんにとっては大きな問題なので来院されるわけです。

例えば、外陰部のかゆみのある方がいらしたとしましょう。

かゆみというと、カンジダやかぶれのことが多く、消毒してお薬を使うことで軽快することがほとんどですので、「じゃあまた来てくださいね」で終わってしまいますが、患者さんの中には、変な病気にかかってしまったのではないかとか、だれかにうつしてしまうのではないか、とか、中には誤解からパートナーやご主人とけんかになってしまうこともあるようです。

カンジダは、いわゆる「性病」などの病気とはちょっと違う場合が多いので、その旨を説明すると、安心される方もいらっしゃいます。

更年期や思春期あるいは性の悩み、避妊法といったものも、同様です。知識がなければもちろん何もわからず、心配になるものです。私も産婦人科医ですが、おそらく心臓や肝臓といったことについては自分が病気になってもよくわからないかもしれません。

ですからやはり、体のことや病気のことでわからないことは医師にどんどん尋ねるべきです。その際に、ご自分がお聞きになりたい項目をメモに用意するとよろしいと思います。

自分自身でも、患者さんに正確にかつ詳細に情報を伝える難しさを常に実感します。分娩を取り扱わない現在、患者さんの数が少ない分、逆に一人の患者さんに対して時間をかけて説明することができるようになっております。当院では、なるべく病状や検査結果を紙に書いてお渡しするようにしております。

 0001

ページトップへ
石川クリニック(診療科:婦人科 産科) 茨城県土浦市大町12-3(千束町交差点そば)
TEL:029-821-2587 FAX:029-821-2651
Copyright © 2019 石川クリニック All Rights Reserved.