茨城県土浦市の婦人科、産科 石川クリニック

風疹について

風疹は三日ばしかとも呼ばれます。ワクチンを接種して 抗体があれば通常感染することはありません。しかしな がら、近年、特に若い方の間で、抗体保有率の低下が 見られます。特に、

1979年(昭和54年)4月2日~
1987年(昭和62年)10月1日

の間に生まれた女性は、風疹ワクチンの集団接種を受けていません。
もちろん、上記の間に生まれていないから大丈夫ということではありませんから誤解しないでください。

風疹は、特に妊娠初期にかかると、お腹の中の赤ちゃんに先天性風疹症候群(心臓・目・耳の奇形や異常)が高率に発生しやすいことがわかっています。ご両親などに確認してい ただき、もし風疹のワクチンの接種をしていない、またか かってもいないという方は、早めにワクチンの接種をお勧めします。

2013年に、風疹の大流行が起こりました。感染した人の多くは、20代から40代の男性と20代の女性でした。ただ、男性に圧倒的に多く、女性の3.5倍でした。「子どもの頃にかかったようだ」と思っていた方でも感染する方が続出しました。
したがって、パートナーや奥様がこれから妊娠を希望される場合には、男性にもぜひワクチンを接種してただくことをお勧めします。

ワクチン接種を受けた女性は2ヶ月間の避妊を

  風疹のワクチンは生ワクチンといって、生きたワクチンです。風疹ワクチン接種は妊娠の可能性のない月経中や直後の時期を選び、2ヶ月間の避妊を原則とします。ただし、妊娠中に風疹ワクチンを接種されたため胎児に障害がでたという報告はこれまで世界的にもありませんので、妊娠を中断する理由にはならないとされています。不妊治療中の方など、一日も早い妊娠を望んでいる方に2ヶ月間の避妊は長く感じられると思いますが、風疹抗体が陰性の人や、あるかどうかわからない人、風疹予防接種を2回以上受けたことがない人は、妊娠の計画を2ヶ月だけ待ってMRワクチンを受けてください。やっと赤ちゃんを授かってすぐ風疹にかかってしまうのはとても悲しいです。パートナーにも忘れずに受けてもらいましょう。

風疹

ページトップへ
石川クリニック(診療科:婦人科 産科) 茨城県土浦市大町12-3(千束町交差点そば)
TEL:029-821-2587 FAX:029-821-2651
Copyright © 2019 石川クリニック All Rights Reserved.