茨城県土浦市の婦人科、産科 石川クリニック

HPVワクチンについて(子宮頸がん予防ワクチンQ&A)

Q1・「子宮頚がん」って何ですか?

子宮頚がんは、子宮頚部(子宮の入り口)にできるガンで、20~30代の若い女性の間で急増し、日本では年間15,000人の女性が発症していると報告されています。子宮頚がんは、初期には出血などの自覚症状がほとんどないため、しばしば発見が遅れてしまいます。

 

Q2・「子宮頚がん」はなぜできるのですか?

子宮頚がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)という、ウイルスの感染が原因で引き起こされる病気です。HPVは性行為により感染しますが、特別な人だけが感染するのではなく、多くの女性が一生のうちに一度は感染するごくありふれたウイルスです。

 

Q3・HPVについて詳しく教えてください

HPVには100種類以上のタイプがありますが、そのうち子宮頚がんを引き起こす、いわゆる「発がん性HPV」は15種類ほどです。その中でも特にHPV16型と18型は子宮頚がんから多く見つかるタイプです。日本人の子宮頚がんの患者さんのうち、約6割の方からどちらか一方のウイルスが見つかっています。

HPVは、感染しても多くの場合は自然にウイルスが排除されて治ります。しかし、何らかの原因でウイルスがなかなか排除されずに感染が長い間持続すると、前がん状態を経て子宮頚がんが発症します。また、もちろん一度ウイルスが排除されても、ふたたび感染することはあります。「発がん性HPV」に感染した方の中で子宮頚部ガンに進展するのは0.15%と言われています。

「発がん性HPV」に感染してすぐにがんができるわけではありませんので、その間に検診で前がん病変を見つけることができます。また、前がん状態や初期の子宮頚がんであれば、子宮頚部の一部を切除する手術で治療できます。

 

Q4・HPVワクチンを接種すれば子宮頚がんにはなりませんか?

いいえ。HPVワクチンは、子宮頚がんから多く見つかるHPV16型と18型の2つのタイプのHPVの感染をほぼ確実に防ぐことはできるワクチンですが、他のタイプの「発がん性HPV」感染を防ぐことはできません。

また、HPVワクチンはあくまでも「予防ワクチン」ですので、接種時に「発がん性HPV」に感染している人に対して、ウイルスを排除したり、発症している子宮頚がんや前がん病変の進行を遅らせたり、治療することはできません。

したがって、すでにHPV16型や18型に感染している人には十分な予防効果は期待できませんが、16型と18型の両方のウイルスに感染している人は少ないため、例えば16型に感染している人に接種することにより、その後の18型の感染を予防することができます。

子宮頚がんは、「発がん性HPV」に感染してからがんになるまでの間に、検診で前がん病変を見つけることができます。

発がん性HPVに感染後、子宮頚がんを発症するまでには数年から十数年かかります。従って、HPVワクチンの子宮がん予防効果については現在、海外で検討が続けられています。

現在当院では主に、16、18型以外にコンジローマの原因になるHPV(6、11型)を予防できるワクチン(四価ワクチン)をお勧めしています。二価ワクチン(16、18型)をご希望の方はお申し出ください。

 

Q5・HPVワクチンを接種した後も子宮頚がん検診を受けなければいけませんか?

はい。ワクチン接種後でも、ワクチンでは予防できないタイプのHPV感染による異常を早期発見するためにも、年に一回の子宮頚がん検診は必要です。

子宮頚がんは、「発がん性HPV」に感染してすぐにがんができるわけではありませんので、その間に、検診で前がん病変を見つけることができます。

 

Q6・HPVワクチンは誰でも接種できますか?

接種対象者は10歳以上の女性です。性行為の経験のない方のほうが予防効果が高いのですが、すでに性行為の経験のある方でも効果がないわけではありません。HPV16型や18型に感染している方でも、16型と18型の両方のウイルスに感染している方は少ないため、例えば16型に感染している方に接種することにより18型の感染を予防することができます。

 

Q7・HPVワクチンはどのくらい効果が続くのですか?

HPVワクチンによる予防効果がどのくらい続くかについては、海外では約6年半までは効果が確認されています。それ以降の効果については現在も接種後の経過観察が続けられておりますが、20年程度は有効ではないかという報告もあります。

いずれ追加接種が必要かどうかは今後の情報にご注意ください。

 

Q8・HPVワクチンは何回接種するんですか?

3回の接種が必要です。ご希望の方は、事前に予約が必要です。

 

Q9・副作用はありますか?

接種後に、注射した部分が腫れたり痛むことがありますが、数日で治ります。

2012年12月31日までの、重篤な副作用(主なもの)の報告状況(10万接種あたり)は

過敏症反応(じんましん、アナフィラキシー様反応) 0.4
アナフィラキシーショック 0.2
ギラン・バレー症候群 0.07
死亡 0.01

となっております。最近、新聞などでも報道されております。副作用については、
接種前に十分にご理解されますようお願いいたします。

 

Q10・HPVにかかっているかどうかの検査はできますか?

ハイリスク型(発がん性)HPV検査は、4,200円(消費税込)です。

 

ページトップへ
石川クリニック(診療科:婦人科 産科) 茨城県土浦市大町12-3(千束町交差点そば)
TEL:029-821-2587 FAX:029-821-2651
Copyright © 2019 石川クリニック All Rights Reserved.