茨城県土浦市の婦人科、産科 石川クリニック

子宮内膜症とは・・・

子宮内膜症とは・・・

子宮内膜は、通常は子宮の中(内腔)に存在します。これが毎月剥がれて月経(生理)となります。ですから、正常の状態では子宮の中にしか存在しないのですが、なぜか卵管や卵巣をはじめ、身体のさまざまな場所に発生してしまうのが子宮内膜症です。

そのため、月に一回出血をすることにより、いろいろな症状が起こります。
10代後半から発生する可能性があります。
子宮内膜症は月経のある女性の数%~10%程度にあると推定されています。

子宮内膜症が発生しやすい場所は骨盤内(下腹部の内部)で、腹膜、卵巣、卵管、子宮の筋層内などです。まれに肺、脳などいたるところに発生します。
お腹の中にある小さな病変や初期の病変を見つけることは困難です。

さらに病変部では毎月出血をきたしますので、それによりいわゆる炎症を起こし、骨盤内や腹腔内(お腹の中)の臓器が互いに癒着を起こします。

いったんできた癒着は強固で、薬ではどうしようもなく、また手術をしても剥離できない(はがせない)場合もあります。

子宮内膜症の症状

・月経痛、月経時以外の下腹部痛、腰痛など
・性交痛、排便痛
・不妊状態
これらが、単独で現れる場合もあれば、複数の症状が、時期がずれて現れることもあります。

子宮内膜症の分類

子宮内膜症の代表的なものを3つ挙げます

1.腹膜病変

腹膜や臓器の表面に発生する子宮内膜症です。病変はミリ単位で小さく肉眼で確認できないものから大きいものまで様々で、その大きさによって内膜症の程度(ひどさ)や活動性の程度を知ることができます。
これは後述する方法で、実際に手術でお腹の中を見ないと診断できません。

2.卵巣チョコレート嚢胞

卵巣の中に発生する子宮内膜症で、そこに血液が溜まっていきます。中に古い血液がたまり、ある程度、超音波検査で特徴的な像を呈しますので、だいたいは診断できます。が、他の卵巣腫瘍(特に悪性)との鑑別が必要です

3.子宮腺筋症

子宮の筋層内に発生します。そこで出血が起こり、子宮がだんだん大きくなってしまいます。また、子宮の大きさはそれほどでなくとも、月経痛が強いこともあります。月経量も多く、知らないうちに貧血になっている場合があります。

子宮腺筋症は他の子宮内膜症と発生のしくみが少し違うので、専門的には子宮内膜症からはずされていますが、非常に子宮内膜症と関連があり、また治療もほぼ同じです。

子宮腺筋症はやはり超音波検査や、MRIという磁気を使った器械でほぼ診断できます。子宮筋腫は一般にこぶなので、子宮の正常部分との境界があることが多く、子宮腺筋症は境界がないことなどから区別しますが、実際には区別は難しいことも多いです。

発生原因

月経血がお腹の中に逆流することによって、移植されるという説と腹膜化生説(胎性体腔上皮化生説)があります。最近ではダイオキシン説も加わっていますが、はっきりとした原因はまだ不明です。

診断

まず、生理痛(月経困難症)で来院された場合、症状をお聞きした後に鎮痛剤等を処方しますが、患者さんの同意が得られれば、まず内診を行います。
内診は、内診台にあがっていただいて行います。必要があれば直腸診も行います。
力を抜いて、リラックスをしていただければ過度の痛みはありません。むしろ緊張したり、力を入れると痛くなってしまうことが多いようです。

これらにより、婦人科医はかなりの情報が得られます。逆に内診をせずに婦人科疾患を診断するというのはかなり難しい場合が多いです。

次にそのままの状態で、経腟超音波検査を行います。

これらを行うことにより、ある程度ひどい、つまり、子宮が腫大しているとか、卵巣が腫れているといったある程度う進んだ子宮内膜症は診断できます。

しかし、まだ腹膜に病変が限局しているような軽症の子宮内膜症は診断できません

軽症の子宮内膜症を診断するためには、腹腔鏡検査という、お腹の中を覗く、内視鏡検査が必要になります。ただし、これは行っている施設が限られていますので、まずは第一線の婦人科医院を受診されて、どこかを紹介していただくか、あるいはご自分で調べられて初めから腹腔鏡検査の得意な先生のいらっしゃる病院を受診されるとよろしいと思います。

治療

治療には患者さんの背景を考慮し、いろいろな方法が考えられます。医師と相談された上で決定されるものですから、ここでは単に数種類の治療法を挙げるのとどめます。

1.低用量エストロゲン・プロゲスチン製剤(いわゆるピルのようなお薬です)
2.GnRH製剤
3.ジエノゲスト
4.漢方薬
5.手術療法

もちろん患者さんによっては、何もせずに鎮痛剤の服用のみにて経過観察という選択肢もあります。

ページトップへ
石川クリニック(診療科:婦人科 産科) 茨城県土浦市大町12-3(千束町交差点そば)
TEL:029-821-2587 FAX:029-821-2651
Copyright © 2019 石川クリニック All Rights Reserved.